シャンソン愛

峰艶二郎(みね えんじろう)による、シャンソンについて綴るブログです。htmt-mth@ezweb.ne.jp

寺内タケシ

f:id:enjiro:20210709234924j:plain
f:id:enjiro:20210709234938j:plain

6月18日に亡くなった寺内タケシ
私は「寺内タケシとブルージーンズ」の「旅姿三人男」が好きで、「お前さん、江戸っ子だってねェ」「神田の生まれよォ」というべらんめぇが聞こえてきそうな軽快な演奏を、夜勤明けの眠気覚ましによく聴いていた。
訃報を機に、彼のミュージシャンとしての歩みや功績を知り、その才能とプロとしての精神に感銘を受けた。

ところで、そんな「エレキの神様」はシャンソンを弾いちゃいねェのかい?、というのは当然の関心事である。
早速調べてみると、こんなアルバムが手に入った。

「メローフィーリング  テリー、ヨーロッパひとり旅」

「テリー」とは寺内の愛称で、このアルバムはシャンソンとイタリアのカンツォーネを中心に構成されている。なお、このアルバムは「寺内タケシ」名義なので、ソロアルバムのようだ。

聴いてみると、なかなか面白い。ヨーロッパの楽曲だからと気取ることなく、まるで昔聴いた音楽をふっと思い出して鼻唄を歌うかのごとくエレキで弾いてみせる。それでいて、楽曲の世界観を壊しておらず、かつ演奏に華があり、リスナーもリラックスして楽しめる。寺内と同じ世代なら、彼の演奏に共感をも覚えるだろう。

しかしながら、そんななかにも一曲だけ彼の本領が光る楽曲がある。
ドイツで作られたのちに、フランス語の歌詞が付いてシャンソンとなった「小雨降る径(Il pleut sur la route)」というタンゴだ。
ヨーロッパで作られたコンチネンタルタンゴを寺内がエレキで弾いているが、彼がまるでタンゴのリズムに挑むように爪弾いているのが印象的で、そのスリリングなプレイに引き込まれる。エレキで弾く「小雨降る径」は、元来センチメンタルな雰囲気の楽曲にもかかわらず、その裏に隠された悲愴感が際立つ。
そして、よくよく思えば、この楽曲の歌詞は、

「暗雲たちこめた空に、あちらこちら雷雨降りしきる
(L'orage est partou Dans un ciel de boue)」

というもので、小雨どころではないのであった。
彼のそんな際どい演奏のなかにも、タンゴが持つ気品は失われておらず、むしろより際立っているのが、まさに「神業」であろう。

このアルバムを聴いて、寺内の音楽への向き合い方のようなものを垣間見た気がする。楽曲によってアプローチの仕方を自在に試みることができる、その引き出しの多さがプロの証だと言えるだろう。
(敬称を略させていただきました)

北のパリ祭

f:id:enjiro:20210701100815j:plain


先日、札幌で催された「北のパリ祭」の圧巻のステージを楽しみました。
この自粛生活のなかで、生でシャンソンを聴ける喜びを噛み締めました。

今回は、公演のスタッフとしても関わりました。
出演者の皆様、スタッフの皆様が私を気に掛けてくださり、1つの仕事を通じて10のことを学ばせて頂いた、充実の1日でした。

「北のパリ祭」については、

シャンソンマガジン 秋号」
(歌う!奏でる!プロジェクト)

にて感想を綴らせていただく予定です。また後日、ご案内いたします。

石坂真砂

f:id:enjiro:20210618141347j:plain
f:id:enjiro:20210618141418j:plain

生者と死者の肉声 石坂真砂

シャンソン歌手からフォークシンガーに転身した加藤登紀子のように、シャンソンをきっかけにオリジナル曲を歌うようになった歌い手は数多い。
こうした人々が、オリジナル曲を歌うようになった経緯を知りたいと思った。

ところで、かつて沖縄にも「銀巴里」の名がついたシャンソニエがあった。
「銀巴里マ・ヤン」
その店主が、石坂真砂というシャンソン歌手だった。

石坂は、1931年に沖縄に生まれた。44年、戦争のため本州に疎開する。その後は東京で演劇をしつつ、エディット・ピアフ(Edith Piaf)を聴いたことでシャンソンに目覚める。
72年、沖縄に戻り「銀巴里マ・ヤン」を開店し、現地で活動した。79年には肢体不自由児のためのチャリティーコンサートを開いていたという。
2003年、死去。「銀巴里マ・ヤン」も同年閉店した。

石坂が生前発表したレコードがある。
「あぁ、対馬丸
という作品だ。

この対馬丸は、もともと貨物船であったが、戦時中は軍の輸送船となっていた。
44年、沖縄の本土決戦に備えて、子供や高齢者を疎開させるための輸送船として、対馬丸が選ばれた。8月21日の夕方に出港するも、深夜にアメリカの潜水艦の魚雷攻撃を受けて沈没。多くの犠牲者を出した。

当時12歳の石坂も対馬丸に乗船する予定だったが、直前に病気になり、後日他の船で疎開した。対馬丸が沈没したことは、軍の機密事項で戒厳令が敷かれていたため、彼女がこの事実を知ったのは、戦後になって東京から沖縄に戻ったときであった。

彼女の娘でシャンソン歌手の石坂美砂は、対馬丸の事実を知ってからの母親はラブソングを歌うのをやめて、戦争の悲劇を伝える楽曲を作り、歌うようになったと述べている。そのようななかで完成したのが、「あぁ、対馬丸」であった。

このレコードは、84年に発表されている。
収録曲はオリジナル曲9曲で構成される。作詞は石坂、作曲は栗原浩一。標準語と沖縄の方言を交えた歌詞で歌われる。
A面には、「あぁ、対馬丸」の連作4曲、B面には「対馬丸」以前に歌っていたと思われる恋愛をテーマにした楽曲が収められている。とはいえ、沖縄の遊女を取り上げた「よしやちる哀歌」などを聴くと、石坂はもともと歴史を取材した楽曲を作ることに関心があったのかもしれない。

レコードジャケットには、浜辺の写真が印刷され、上部には対馬丸の沈没した年月日、下部には沖縄の終戦記念日である6月23日が陽刻で記されている。メッセージ性のあるデザインだ。

「あぁ、対馬丸」の連作4曲は、
「啓子ちゃん生きた」「邦夫ちゃん死んだ」「母さんの話」「エイサー(夏祭り)」
で構成される。
「啓子ちゃんー」は、船が沈没してから島に漂着するまでのドキュメント、「邦夫ちゃんー」は息子の死を知らない母の歌、「母さんー」は戦争体験者の子供が戦争に思いを馳せる歌、「エイサー」は沖縄の民謡に合わせて平和を訴える歌である。

この中で圧巻なのは「啓子ちゃんー」で、台詞と歌が歌謡浪曲のように展開する。石坂はもともと役者だけに、台詞がさすがに上手い。
「啓子ちゃんー」「邦夫ちゃんー」は、対馬丸の生存者の体験談をもとに作られたそうだが、82年に発表されたアニメ映画「対馬丸ーさよなら沖縄」に酷似していることから、それを下地にしたと思われる。

対馬丸の難を逃れた石坂が、その沈没の悲劇を知ったときの心情はいかばかりだっただろうか。彼女が、これまでレパートリーとしてきた恋愛をテーマにしたシャンソンを捨てて、歌を通じて戦争の不条理を伝えるのに邁進したことに、私は表現者としての強さを感じる。
石坂の歌声を聴くと、戦時中の沖縄を知る人々の声、生存者だけでなく死者の肉声もまた立ち現れてくるように思われてならない。

嶋保子

北海道の伝説のシャンソン歌手・嶋保子

北海道で活動するシャンソン歌手の方とお話しすると、よく嶋保子の名前を聞く。

嶋は昭和24年、夕張生まれ。
シャンソン歌手の堀内環に師事し、昭和57年に札幌銀巴里でデビューする。
その後、自身の店であるシャンソニエ・アンを経営した
平成23年、病没。

嶋さんが今なお語り継がれるのは、その歌声と、札幌でシャンソンを盛り上げるために尽力したことが挙げられる。
「嶋さんの歌は本当に素晴らしかった」と語る方は沢山おり、同じ札幌の地にいながらその歌声を聴く機会に恵まれなかった私は、嶋さんはどんなシャンソンを歌ったのだろう?と想像するばかりであった。
しかしながら、YouTubeで嶋のコンサートの映像を見ることができたのである。
圧倒的な歌唱力、存在感が画面越しにも伝わり圧倒された。
リンクを貼りましたので、ぜひご覧ください。

また嶋は、シャンソン歌手やピアニストを数多く育成しており、彼らは現在も札幌で華々しく活躍している。
ちなみに札幌で活動するシャンソン歌手の佐藤みずえや、ピアニストの大和秀嗣は、嶋によって見い出された。

また、嶋は札幌でシャンソンを盛り上げるために、自身の店のゲストとして、多くのシャンソン歌手を迎えた。
石井好子、出口美保、高野圭吾、井関真人などのシャンソン界のビックネームが訪れたという。

また、嶋は地元のシャンソン歌手同士のつながりを深める役目もつとめた。
嶋の構成・演出で、昭和58年から10年間続けられた「不協和音コンサート」は、札幌で活躍するシャンソン歌手が集まりコンサートを開くというものであった。
出演者の中には自身の店を経営する者や、店に雇われて歌っている者もいた。
「不協和音コンサート」は、シャンソン歌手がお互いの店の垣根を越えて、札幌でシャンソンを盛んにしたいという目的の元に結集した奇跡のステージだったのである。

嶋の経歴を調べて感じたのは、かつて札幌にもシャンソンが盛んだった時代があったのだということだ。
もっと早く生まれたかった、もっと早くからシャンソンと出会っていれば…とは思わない。
嶋が札幌でシャンソンのために尽力したように、私がシャンソンを盛り上げるようなことをしてみたい!と強く感じた。
札幌でシャンソンをもっと多くの人に知ってもらいたい、シャンソン歌手が「札幌に行ってみたい」と思ってもらえるようになってほしい。
本稿を綴るために資料を乱読しながら、そんな思いが強くなっていった。

本稿で敬称を略したことをお詫びします。

柴田睦陸 由利あけみ

琥珀の虫が羽ばたくとき」

先日、珍しいレコードを手に入れた

A面 柴田睦陸「ラ・クンパルシータ」
B面 由利あけみ「シボネー」
演奏 櫻井潔と其の楽団
(昭和14年 ビクターレコード)

声楽家が歌うタンゴとラテンのレコードである
「ラ・クンパルシータ」は前の持ち主が聴き込んだようで盤がすり減っていたが、何回かリピートしてようやく聴き取ることができた

柴田睦陸は、大正12年に岡山で生まれた
昭和10年東京音楽学校在学中にポピュラー歌手としてデビューした
戦後は声楽家として、二期会の創設に関わった
ちなみに、昭和30年の「第六回紅白歌合戦」に、「ラ・クンパルシータ」で出場している
昭和63年、病没

由利あけみは、大正2年に広島で生まれた
東京音楽学校卒業後、昭和11年にポピュラー歌手としてデビューする
デビュー当時はアルトで歌っており、「東洋のダミア」と称されたそうだが、実際は幅広い音域で作品を発表している
当時人気だった淡谷のり子に対抗するため、ブルース調の曲を高いキーで歌っている
この「シボネー」も、キーが高めで淡谷を想起させる歌い方であった
昭和14年に「長崎物語」がヒットし人気を得るが、後年、結婚を機に歌手を引退する
ちなみに数年前に発売されたCD「日本シャンソンの歴史」には、由利の「人の気も知らないで」が収録されていた

柴田と由利が歌う外国のポピュラーソングを聴くのは初めてで、その質の高さに驚かされる
声楽を学んでいたから、という理由だけでなく、自分の歌い方をよく理解して、ポピュラーソングを我が物にしている印象がある
しかしながら、東京音楽学校に通いながらポピュラー歌手に転向するのは、当時かなり大変なことだったのではないだろうか
例えば、淡谷のり子東京音楽学校を首席で卒業するも、ポピュラー歌手になったため除籍されてしまった。
声楽を学んだ者が平民の俗曲(ポピュラーソング)を歌うのは卑しいこととされ、特に東京音楽学校はその風潮が強かったそうだ
柴田や由利の頃は、こうした風潮は緩くなっていたのだろうか
だが、私は声楽からポピュラーに転向した当時の歌手たちが、琥珀の中から羽ばたいた蝶に見える
美しい殻に閉じ籠る日々を棄てて、外の世界に脱出して羽ばたこうとする蝶は力強い
今なお、彼らのポピュラーソングが色褪せないのは、逆境のなかで自分の歌を模索し探求した成果なのである

ちなみに、この2曲を演奏している櫻井潔は日本にタンゴを普及させた草分け的な存在で、当時ブームだったダンスホールで演奏していた
バイオリンを弾いて楽団を率いるのは、バルナバス・フォン・ゲッツィの影響だろうか
興味深い人物である
また、「ラ・クンパルシータ」は原一介、「シボネー」は佐伯孝夫が訳詞しているが、いずれも意訳、創作であるらしい

画像は、「ラ・クンパルシータ」、「シボネー」のレコード、ジャケットに印刷された柴田睦陸の肖像

01年 パリ祭

「一枚の写真から紡ぐ縁 第39回パリ祭(2001)」

昔、ある方から写真をいただいたことがある。写真の下には「01 07 14」と記されている。2001年、第39回パリ祭のときの写真である。
中央には、芦野宏石井好子、深緑夏代、高英男がいる。横にはムッシュかまやつ山本リンダ。しますえよしおに新井英一、永六輔…この素敵な女性は誰だろう…。
私はこの写真を眺めながら、まだ見ぬ、そしてもうその姿を見ることが叶わない歌手たちが立つパリ祭のステージをいつも空想していた。

私の思いが天に届いたのだろうか、最近知り合った方から「昔テレビ放送した01年のパリ祭の映像をご覧になりませんか?」とお誘いを受けた。「えっ?それってまさか…」。写真を取り出して確認すると間違いない、いつも眺めていたパリ祭のステージだ。それを映像で見れるなんて…。テレビ画面に映し出される「パリ祭」の文字。ついに私は憧れていたパリ祭を目の当たりにすることとなったのである。

【セットリスト】

石井好子・深緑夏代・芦野宏「パリの橋の下」
この大御所三人から幕が開く。三人の貫禄すらかんじる歌声、姿に胸が熱くなる。

永六輔と桑山哲也「おしゃべり」
永の声が懐かしい。桑山とふたりでピエロの格好をして「春が来た」を歌うのが楽しい演出だ。

・畠山文男ほか6名「私はパリっ子」
・古坂るみ子「街の舞踏会」
・モンデンモモ「ムーランルージュの唄」
・水織ゆみ「祭りは続く」
・パトリック・ヌジェ「ルナパーク」
・岸本悟明「ブラボークラウン」
初っぱなからベテラン勢が魅せる。ブラボークラウン、は男性が歌うのをはじめて聴いた。

・小海智子「街に歌が流れていた」
・有光雅子「サンジャンの私の恋人」
二人とも鬼籍に入られた方だ。小海は若い頃のレコードと変わらずチャーミングさと深みをたたえ、有光は迫力のある歌声を披露していた。

・石井祥子「群衆」
青木裕史「ピギャール」
・宇野ゆう子「夜は女の匂い」
三人とも色気のあるステージアクションでとても素敵だった。

マーサ三宅「メランコリー」
山本リンダ「私の回転木馬」「パリ祭」
マーサはジャズ、リンダは歌謡曲で他ジャンルから出演している。しかしながら、ふたりの歌唱力は本物であった。

・神戸市混声合唱団「花祭り
芦野宏「ワインで乾杯」
・荒井洸子「ラ・ミュージシャン」
・堀内環「収穫の秋」
青木裕史、広瀬敏郎、伊東はじめ「頭にいっぱい太陽を」
・仲マサ子「ジャバ」
荒井、堀内、仲は古くから銀巴里で歌っていた歌手であり、大きなステージでもその存在感は健在である。また青木、広瀬、伊東の三人組は89年に結成された「サンクオム」のメンバーで、歌って踊る姿がとても爽やかだ。

石井、マーサ、リンダ「薔薇色のサクラと白いリンゴの木」
この三人のデュエットは珍しいし、大変面白い。またステージではドレスのイメージがある石井が、ターバンにパンツルックというのが新たな一面であった。

新井英一「アムステルダム
田代美代子「初めての日のように」
しますえよしお「さくらんぼ実る頃」
新井は非常にかっこいい。石井がパリ祭のステージに出演するのを依頼し、自身のアルバムにもデュエットを吹き込んでいる。田代は「愛して愛して愛しちゃったのよ」のイメージが強いが、元々は石井好子音楽事務所専属のシャンソン歌手。しますえは、優しい歌声で会場を包み込むような印象を受けた。

欧陽菲菲「フィーリング」
ムッシュかまやつ「ラメール」
梓みちよ「愛してる」「青春の決算」
欧陽菲菲ムッシュは英語で歌っていた。ちなみにムッシュの父、ディープかまやつは若い頃の石井のバンドをつとめていた。梓は、「リリーマルレーン」以外のシャンソンを初めて聴いたが、アグレッシブなステージだった。

芦野「ア・パリ」
石井「行かないで」
高英男オペラ座のダンサー」
深緑「パリ・パナム」
この四人は別格。芦野の話すように、だがドラマティックに表現する歌声。石井のブラックホールのように世界を包み込んでしまうような存在感。高の晩年の傑作であるこの曲を、薔薇のような衣装を纏って歌う気高さ。深緑の宝塚のレビュー仕込みの華やかなステージ。全てが感無量だった

石井好子と出演者「二人の恋人」
エンディングで高がゆっくりと現れ、最後に石井、芦野、深緑、高で手を繋いでステージ前に出て礼をするシーンを見て、日本のシャンソンはこの四人によって創られたのだと実感した。

永登元次郎

「ヨコハマ・元次郎」

先日、Facebookで知り合った方からシャンソン歌手、元次郎(がんじろう)のCDを頂戴した。この場を借りて御礼申し上げます。
元次郎のシャンソンYouTubeで聴いたことがあり、とても気に入っていたのだが、CDが廃盤である上にプレミアがついてしまって、なかなか手に入れることができなかった。今回のCDは私の研究のためにとお譲りくださったものなので、その思いにしっかりと応えようと思います。

元次郎は、永登元次郎という名前でも活躍したシャンソン歌手。台湾で生まれ、神戸で育つ。幼少期は母と妹の三人で貧しい暮らしをしていたという。
転機になったのは、小学生のとき母が他の男と
同衾するのを目撃し、彼女を「パンパン!(売春婦のこと)」と罵ったときだ。彼は、母と自分が力を合わせて暮らしてきたのに、という思いがあったゆえだったそうだが、このことがきっかけで、中学に進学した際は別れた父親のもとで生活するようになる。
中学卒業後、上京。元来、彼は同性愛者であったことから、生活費がなくなると女装をして男相手に売春をしていた。そのことは、いそのえいたろう『性人伝』に詳しい(この本もCDと一緒に頂きました)。
その後、横浜で自身のゲイバーを開店する。その頃に日本舞踊や長唄などの芸事を習うようになった。
彼がシャンソンに目覚めたのも、その頃ではないかと思われる。金子由香利のシャンソンに惹かれて、昭和57年に深緑夏代のもとでシャンソンを習い始める。翌年に神奈川県民ホールで500人の観客を集めてリサイタルを開いた。
このとき、元次郎はメリーさんとはじめて出会うこととなる。メリーさんは、横浜で外国人相手に売春をしていた女性で、全身真っ白の衣装とメイクをして歩いていたことから、横浜でよく知られた存在であった。
元次郎がリサイタルの当日に会場入りする際、ホールの入口でポスターを眺めているメリーさんを見て、「よかったらいらしてくださいね」と言って、チケットを渡した。すると、メリーさんはリサイタルを鑑賞し、元次郎に紙袋に入ったプレゼントを渡したのである。その瞬間に、会場から大きな拍手が沸き上がった。メリーさんはそれだけ横浜の有名人であったのだ。以来、元次郎はメリーさんに生活費の援助などをし、交流を深めて行く。
映画「ヨコハマ・メリー」は、突然横浜から消えたメリーさんの消息を追う内容であったが、同時に元次郎の生きざまを取材した内容にもなっている。この映画の取材中、元次郎は末期ガンを患っていた。彼はメリーさんについて「メリーさんから「私はパンパンをやってましてね」と言われたとき、頭がガーンとなった」と述べている。パンパン、は自分が母を罵った言葉だ。彼はメリーさんを通じて、母に対する贖罪をしたのではないかと思う。
映画のラストでは、メリーさんが老人ホームに入所していることが分かり、元次郎が慰問コンサートをする。このとき歌ったのが「マイウェイ(岩谷時子訳)」だ。「私は私の道を行く」という歌詞が、元次郎とメリーさんの人生とオーバーラップして、素晴らしかった。
映画には、元次郎が自身のシャンソニエ「シャノワール」で歌う姿が収められ、DVDには自身のラストライブが収められている。共に歌ったのは「マイウェイ」と「哀しみのソレアード」。2曲とも死がテーマの歌だが、末期ガンの彼が歌うと悲しいまでに美しく聴こえた。シャンソンは人生のドラマ、歌が人に寄り添う瞬間を見たように思った。彼は、この映画が公開される前、平成16年に病没する。

今回頂いたCDは、「月の光の中で/棄ててあげる」というシングル。
彼はかつてビクターレコードから「ヨコハマタンゴ」という曲を出していることから、彼がメジャーレーベルに所属し、横浜のご当地ソングのようなものを歌っていたのではないだろうか。このCDも歌手活動のなかで作られたと思われる。
「月の光の中で」は、中国風のイントロからはじまる。かつての大陸歌謡のような曲で、横浜中華街を意識したものだと思われる。「棄ててあげる」は、強気な女性が甘ちゃんな男性を振ってしまう曲。何となく90年代の美川憲一が歌っていそうな曲で、いわゆるオネェ系歌手にこの手の曲を歌わせる傾向が当時はあったのだろうか。

この曲を聴いたり、映画を見ることで横浜の元次郎についてもっと知りたくなった。これからも元次郎の曲を沢山聴いてみたい。