シャンソン愛

峰艶二郎(みね えんじろう)による、シャンソンについて綴るブログです。htmt-mth@ezweb.ne.jp

山本四郎

「紳士的歌声 山本四郎」

日本のシャンソン史を調べていると、今では名前を聞くことがあまりないが、かつて素晴らしい才能を持った歌手が沢山いたことを知り嬉しくなる。山本四郎もそのひとりだ。

山本は、東京出身。昭和28年に武蔵野音大を卒業し、同年にNHKの専属歌手となる。
その後、北村維章(当時、日本で最大級のシャンソンとタンゴの楽団だった東京シンフォニックタンゴオーケストラを主宰したピアニスト)と大阪労音ポピューラー例会に出演したことで広く知られることとなる。
昭和32年には、NHKの専属歌手を辞めてシャンソン歌手に転身する。銀巴里には、閉店まで専属歌手をつとめた。
現在は、ステージを離れたがご健在とのことだ。

山本の歌声は、甘く上品で紳士的な印象である。またYouTubeにアップされている銀巴里閉店ライブの映像を見ると、きらびやかな衣装を纏って甘い歌声でシャンソンを歌う山本は、セクシーだと言っても過言ではないくらい蠱惑的だ。

私が持っている山本の音源は3枚。
「Chanson de Ginparis73」は、銀巴里の専属歌手が渋谷公会堂に集まってコンサートした際の実況録音盤。山本は「雪が降る」「夢を破らないで」を歌っている。
「あたんどぅる」は山本のミニアルバム。曲目を見ると、戦前のシャンソンを中心に歌っている。
シャンソン・ド・銀巴里」は銀巴里の専属歌手のスタジオ録音盤。山本は「あなたなしでは」を吹き込んでいる。
こうして見ると、山本は戦前のシャンソンからアダモやアズナブールなどの当時新しかったシャンソンまで多くの曲を得意にしていたことがわかる。
ぜひとも生で聴いてみたかったと思うし、山本四郎全曲集を作ってほしい、いっそのことおごがましいが作りたいと思う魅力的な歌手である。
機会があれば、ぜひ聴いていただきたい。

追記
山本四郎氏は、平成30年7月2日に亡くなられました。ご冥福をお祈りいたします。