シャンソン愛

峰艶二郎(みね えんじろう)による、シャンソンについて綴るブログです。htmt-mth@ezweb.ne.jp

「シャンソンマガジン 2022年春号」

f:id:enjiro:20220213152415j:plain

シャンソンマガジン 2022年春号」が発売されました。北海道には15日に届くので、読むのが楽しみです。

この度「セルジュ・ゲンズブール特集」に、拙いながら寄稿いたしました。お力添えくださった方々に、厚く御礼申し上げます。

「悪童はセピア色の歌を聴くかーセルジュ・ゲンズブールとジジ・ジャンメール」

ゲンズブールは、歌手として活躍するかたわら、音楽プロデューサーとして、いわゆる「フレンチポップス」をフランスの新しいシャンソンとして流行させました。
しかしながら、彼の評価は数々のスキャンダルや破天荒さなどに偏っています。
本稿では、ゲンズブールが女性歌手のジジ・ジャンメールに提供した楽曲を通じて、彼は戦前から終戦後の古いスタイルのシャンソンをリスペクトしていたことを論じ、その点も含めて再評価の余地があることを記しました。
御高覧いただければ幸いです。

せっかくなので、ジャンメールがゲンズブール作品を歌ったCDをご紹介します。

f:id:enjiro:20220213152359j:plain

「Zizi au Zénith」(フランス盤)

収録曲はどれも面白く、シャンソンっぽくて聴きやすい!(笑)
でも歌詞カードがないので、内容が分からないのが非常に残念です。
私が一番好きな「Tout l'monde est musicien」(みんなミュージシャン。邦題は「パリのミュージシャン」)は、途中までなんとか歌詞が分かりました。

君は、コルネドフリット(フライドポテト)の揚げる音が、楽器のコルネ(ホルン)と同じ音だと知ってるかい?
君は、空の酒瓶からフルートの音が鳴るのをご存知か?
みんなミュージシャン
何もベートーベンやショパンだけの話じゃない
アコーディオンをかき鳴らしてるときは、バイオリンなんて調律してりゃいいんだよ

すごくいい曲じゃありませんか? ゲンズブールのイメージが変わりませんか?
この先の内容がどうしても気になるので、誰かフランス語の歌詞を聞き取ってくれる方がいないかと思っております。

♪「シャンソンマガジン」は、シャンソンに関する誌面に特化した、定期購読誌です。